趣味を同じくする人どうしが集まる団体やサークルにおいて、そのメンバーである証しにおそろいのグッズをつくることがあります。こうした場合には会費からその資金を充当する場合もありますが、たいていはメンバーの個人負担となってしまいますので、やみくもに高額なグッズの製作を企画することはできません。かといって団体やサークルの名称がまったく入っていなかったり、写真やイラストなどでオリジナリティが主張できない、まったくのありふれた量産品を身につけたとしても、それはもはやおそろいのグッズとしての価値をなさないでしょう。このようなことを考えたときに、オリジナルな缶バッジなどは団体やサークルのグッズとして最適であることがわかります。

缶バッジであればつねに身につけたり携行したりするのにも便利なサイズで愛着がわきますし、表面にオリジナルなロゴであったり、写真やイラストであったりを入れておくことも可能です。また金額的にもそれほど高額になることはありませんので、メンバーの経済的な負担が少ないという意味でも向いています。問題は缶バッジの製造や加工を引き受けてくれる工場が近所にあるかどうかですが、これも最近ではあまり心配をしなくてもすむようになりました。メーカーのなかにはインターネットでの取引に応じてくれるところがあらわれてきており、このようなしくみを使えば全国どこにいても気軽に発注ができる上に、指定の写真やイラストなども同様にインターネット経由で送信できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です