企業が販売促進や認知度アップなどを意図して、各種のイベント会場や展示場などでノベルティグッズを一般の顧客に配布することがあります。グッズとして手元に残るだけに効果は抜群ですが、かといってやみくもに予算を投下するわけにもいきません。企業のオリジナリティがあふれていて、しかも企業の予算内で無料配布ができる程度には十分に安価でなければならないのは必然といえます。このように考えてみると、単純にノベルティグッズとはいっても、かなりその種類は限定されてくることがわかります。

条件を満たすもののなかでももっとも手軽なものとして、缶バッジが挙げられます。缶バッジは量産することができ、表面にオリジナルな写真やイラストなどをプリントする加工も請け負っている会社があります。新規に型抜きが必要となる特殊な形状であればいざ知らず、汎用的なフォルムと大きさのものであれば、かなり安価な価格でも発注することが可能です。近年では缶バッジの製作をインターネット経由で受注する企業なども登場していますので、たとえば納期をできるだけ早くしたい場合や、打ち合わせその他の手間をできるだけ省いて成果品を得たい場合などに、こうしたインターネットを使った通信販売の方法はたいへん便利です。

また近くに工場がなくても、全国どこからでも容易に発注することができ、インターネットにより効率化され無駄がない分だけ価格が一般よりも安くなっているところも魅力といえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です