会社の見学やイベントへの参加などの際に、ノベルティグッズのひとつとしてオリジナルなデザインの缶バッジが配布されることがあります。こうしたグッズは作成するのにかなりの費用がかかり、大量に発注することができる大企業だけのものというのが一般的なイメージですが、実際には小規模な団体や個人であっても発注することは可能です。缶バッジもノベルティグッズとしての認知度が高まってきたことから、たとえば丸形や星型などのよく出回っている形状の缶バッジの雛形を加工して、オリジナルな写真やイラストを表面にプリントして納品するサービスも続々と登場しています。これらは現在では工場に直接申し込むのではなく、インターネットを使ってホームページ経由で全国どこからでも発注できるようになっていることがあります。

インターネットを経由して発注するタイプの場合には、ホームページの発注画面のなかですでにいくつかのパターンが示されており、いくつかの選択肢から気に入ったものを決定するだけで、理想の缶バッジの発注ができるように工夫されているものが多いといえます。オリジナルな写真やイラストなどもデータのままやはりインターネットを通じて送信しますので、たいへん手軽に作成できるのがメリットとなっています。缶バッジは量産したほうが安価なのはもちろんですが、現在では小ロットからの注文でも受け付けられるようにしているところがあります。その場合もかなりの低価格となっており、昔の時代とは一線を画しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です