地域の子供会や趣味のサークルなどでおそろいのグッズを作成することはめずらしくありませんが、問題はどのようなグッズにするかです。メンバー同士の絆を確かめ合うことのできるこうしたグッズは、いつも手元に置くことができるものであることは重要ですし、それ以外にも外部に向かってアピールできる目立つ存在でなければなりません。さらにより現実的な問題として、あまりにも単価が高すぎてしまうと予算を圧迫してかえってメンバーの不平不満の種となってしまいますので、できるだけ安価に作成できることも条件としておきたいところです。このような条件を考えると、缶バッジのような存在はぴったりと条件を満たす絶好のアイテムということができるでしょう。

缶バッジはそれほど大きくはないので携帯に便利ですし、安全ピンなどが裏面についていればいつでも身につけることができるといった特色があります。さらに量産品を上手に使えばかなり単価を引き下げることができますので、予算の面からみても優等生です。このような缶バッジにはオリジナルなイラストを入れたり、写真をプリントしたりすることも可能です。もちろんまったくの既製品よりは価格が高くなりますが、最近ではインターネットを使った効率化で全国から缶バッジを受注している会社などもありますので、こうした会社であれば加工があってもかなりの格安で発注することができます。

特に形状や寸法などがあらかじめ決まっているパターン化された製品を使えば、より安く目的のグッズがつくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です