自分の会社を宣伝したり、粗品を作るときに何が良いかなと悩む人もいると思いますが、最近は缶バッジを粗品として使用する人が増えています。缶バッジにたとえば自分の商品をアピールしたり、マスコットキャラクターなどを使用して作成すると、宣伝を兼ねたおもちゃの役割を果たしてくれます。制作費もとても安上がりなために、まとめて注文すると1個の単価は非常に抑えることができるのです。そのうえ腐りものでもないために、あらかじめたくさん作っておりて必要な時に使用するという方法も可能です。

展示会用などに大量に作っておき、倉庫の中に保管しておくとよいでしょう。そして場に応じて持っていくようなスタイルでいけます。あまりかさばらないので、倉庫でもそこまで多くのスペースを必要とするわけではありません。缶バッジを利用することのメリットは、柄が大きいので自分たちの宣伝ポイントを大きく表示することができることです。

子供のおもちゃに渡しておくと、子供が遊んだりしている時に目に入りやすい商品です。なくしにくいものでもあるために、何かの機会でいろいろな人の目に留まることも多いでしょう。そんな缶バッジを作るにはどういたらよいのかというと、まずは作成している会社に見積もり依頼をしてみるとよいです。すると最低発注数なども教えてもらえますので、コストと予算にあっているかを吟味します。

もし大丈夫そうであれば大体3稼働日くらいの目安で届けてくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です