缶バッジを自分で製作することが可能で、缶バッジ用のプレス機械を購入して、材料を購入するだけでいいのです。本格的な大人用機械からおもちゃとして販売しているものがあります。機械の仕様はバッチの大きさが決まっているため、初めによく検討しておくことが重要です。一般的には丸形ですが、特殊な機械としてハート形などがあります。

金属の缶バッチ素材をつかって、好きな絵柄をその上にのせて、透明保護シートをさらに上にのせてプレスするだけです。手順を間違うと、絵柄がずれたり、形が整わなかったりするので注意が必要です。また、絵柄は、紙製でなければならず、厚みのあるものではうまくいきません。失敗することもあるのです。

いろいろなキャラクターや写真を切り出すことで、オリジナルなものが作ることができます。透明シートをホログラムシートにすることでよりオリジナリティーとデザイン性を高めることが可能なのです。最後に安全ピンの部品を押し込んで完成となります。缶バッジホルダーもあり、つけて楽しむこともいいのですが集めてコレクションにすることも可能です。

ファイリングすることできれいに整理整頓することができます。この機材があれば、子供会のイベントや祭りで活用することができます。写真を撮って自分の顔のバッジを作ってプレゼントするといったことが行われているのです。材料は消耗品でインターネット通販などを通じて、いつでも購入することが可能となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です