色々な場面で目にする機会がある缶バッジですが、現在の特徴などを確認しておきましょう。缶バッジという物は一般的にスチールやアルミなどといった金属製の素材で、中が空洞になっている製品を呼んでいます。現在ではこうした素材が多くなってきましたが、少し前まではブリキの素材が一般的に使われていました。ブリキから缶を連想した後に缶バッジという呼ばれ方をするようになったそうです。

ブリキ製のバッジは子供のおもちゃなどに多く使われた背景がありますが、後年はブリキよりもスチール素材の方がコスト的に安く製造できるという事でスチール素材のバッジが増加していきました。価格が安くなった事もあっておもちゃとしてはもちろんの事、ファッションにも活用されたり、ノベルティグッズなどにも使用されるケースが多くなったのが特徴です。こうした缶バッジは企業の記念品やノベルティなどにも使われますが、制作する場合はプロの専門メーカーに依頼するのが一般的です。やはり専門的な技術や知識を必要としますし、プロに制作してもらう事でハイクオリティな品物ができあがるのがメリットです。

バッジといえば安全ピンが付いた丸型を想像するかも知れませんが、現在では様々な種類のバッジが存在しています。例えばマグネット式の四角形や、ミラーになっているバッジなど幅広くあるのが特徴です。実際に注文する際にはネットなどで色々なラインナップを見る事ができますので、その中から選んでいく楽しさもあるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です