企業が販売促進を目的として商品名などを記載して無料で消費者に配るグッズはノベルティと呼ばれています。ノベルティにはティッシュやタオル、ボールペンやメモ帳など配りやすいものが選ばれており缶バッジも重要なグッズの1つです。1898年のアメリカでは既に当時の人気キャラクターをデザインしたバッジが販売促進に使われており、売上を増加させる効果が実証されています。現代でもアニメや漫画などのキャラクターをデザインした缶バッジは人気があり、販売促進に効果的なためノベルティとして採用されるケースが多く見られます。

ノベルティと似たグッズにプレミアムがありますが、不特定多数の消費者に無料で配られるわけではありません。プレミアムはノベルティのように宣伝広告を目的としたものではなく、消費者を購買行動に誘うため購入者に特典として与えられます。いずれも販売促進が最終的な目的であり、缶バッジはノベルティやプレミアムとして使われています。企業が売上を増やすためには市場調査を行い消費者の属性ごとの嗜好性を明らかにした上で、魅力的な商品を作る必要があります。

さらに特別な営業活動を行わなくても自然と商品が売れるように宣伝広告によってブランドイメージを高めます。マーケティングとは市場調査と宣伝広告を併せた概念であり、低コストで効果的に販売を促進するために缶バッジは重要な役割を果たしています。魅力的なデザインの缶バッジを制作しより多くの消費者に配れば、テレビCMや新聞広告などよりも大幅にコストを抑えつつ販売を促進して売上を増加させることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です