休憩利用のある日帰りスノボツアー

最近ではスノボの人気も若い世代を中心として根強いものがあることから、日帰りで簡単に参加できるようなスノボツアーも盛んになってきています。旅行会社の店頭などで取り扱っているパッケージツアーであれば、あらかじめ現地に向かう大型バスが手配されており、現地のゲレンデのリフトや昼食のチケットなども付属しており、しかも団体の扱いのために格安であるというところがメリットとなっています。場合によっては、大きなスノボの荷物をかかえて現地にいかなくても、現地のレンタルショップで適当なものを見つくろってレンタルすることができるようなサービスがセットになっていることもあります。こうした日帰りのスノボツアーは、たいていは朝方6時、7時といったころに集合場所を出発して、夕方から夜間にかけてまた集合場所に帰ってくるというパターンが一般的ですが、なかには深夜の時間帯に集合場所を出発して、現地の旅館やホテルで宿泊はしないものの、数時間程度の休憩がとれるように部屋が手配されているものもあります。

こうしたプランであれば、時間をかぎりなく有効に使うことができ、しかも仮眠をとらなかったことによる身体的な疲れを解消することもできます。宿泊とは違って休憩であればホテルや旅館の料金的にも安価ですし、通常の日帰りプランに多少の上乗せをする程度の料金で事足ります。こうしたことから、最近の新たな日帰りスノボツアーの潮流となってきています。スキーツアーのことならこちら